歯科衛生士と歯科助手の明確な違いとは?

歯科助手とはどんな職業?

歯科助手が行う業務

歯科助手は、歯科医師や歯科衛生士と違って国家試験のような明確な資格はありません。
そのため、患者さんの口腔内への医療器具を使った業務に携わることは、違法行為となってしまいます。
とは言えもちろん、直接口腔内へ医療行為をしなければ問題ないので、口腔内の水を吸い取るバキュームくらいならば、手伝うことが出来ます。
メインとなるのは、やはり治療院での窓口、受付業務でしょう。書類整理や電話番、予約整理やお会計などの業務です。医療器具の洗浄・滅菌処理なども行います。
これらの業務は、歯科衛生士の仕事の範疇にも入っているといえば入っているのですが、医療業務に携われる歯科衛生士が、窓口業務から動けなくなってしまっては、治療が進みません。
医療業務以外の全てを行うスタッフが必要となってくるのです。

歯科助手になるには・歯科助手の待遇

歯科助手になるためには、特別なことは何一つありません。資格も何もいりません。
業務内容が書類整理や窓口業務などなので、歯医者さんだけに限らない、どんな職種でも共通する業務なので、未経験歓迎として募集をかけているところもたくさんあります。
ただ、書類整理や窓口業務だけでなく、医療器具の洗浄やバキュームを手伝う場合があるので、多少の知識を持っておいた方がいい場合があります。また、民間での資格を発行しているところもあるので、それを取っておくと採用率はより高まるでしょう。

歯科助手は基本的にはパート・アルバイトでの採用が多いです。その場合、時給制となりますが、900~1500円ほどと、やはりこちらでも治療院によって変動があります。また、社員として歯科助手を採用するところもありますが、歯科衛生士に比べて一回りほど額の低い17万~22万ほどとなっています。